2010年01月06日

講座スケジュール

今後の講座スケジュールをお知らせ致します。

1日集中講座  http://www.shinshin-therapy.com/koza.html
1/24 心に沁みる哲学と心に響く写真講座
2/28 言霊セラピー講座
4/4  心に沁みる哲学と心に響く写真講座
4/25 言霊セラピー講座
5/23 心に沁みる哲学と心に響く写真講座
6/27 言霊セラピー講座

毎週木曜19時〜   オイル経絡マッサージ
毎月第2土曜日18時〜アロマオイル完全調合法(体験入学可)
(今年1回目は1/9)

その他、個人指導はお問い合わせ下さい。
posted by ルーエ at 12:50| お知らせ

新春

あけましておめでとうございますexclamation

昨年10月にHP http://www.shinshin-therapy.com/ とこのブログをオープンしまして、お陰さまでアクセス数も徐々に増え、皆様にご支持頂いております。
本当にありがとうございます黒ハート

今年も皆様と共に、『人間の幸せ』について考え、追求していきたいと思っていますので、ご意見、ご質問はもちろん、体験談など、どんどんお寄せ下さい。
よろしくお願い致します。
abp-info@ac.auone-net.jp

今年も皆様にとって素晴らしい年になりますようにかわいい

・・オキノ・・

posted by ルーエ at 12:18| NEWS

2009年12月26日

本宮輝薫による癒しの花写真展

このたび、ハーツイーズの内藤さんのご尽力により、フラワーフォトを展示して頂ける機会を得ました!

展示する写真は愛と恋のパワーアップ!
この機会に「愛」の写真に囲まれてみて下さいかわいい

≪フラワーフォトセラピー≫
〜本宮輝薫による癒しの花写真展〜
今回のテーマ:愛と恋のための癒し

会期:12/28〜1月末 (12/29〜1/4は休み、日曜祝日休み)
会場:オーラソーマバー SPRING NOTE(スプリングノート)
住所:渋谷区桜丘町22-17グランドスポット1F TEL:03-3780-6087
営業時間:17:00〜23:00(10:30 LO)
地図はこちらから→http://www.spring-note.com/about/map.html
posted by ルーエ at 19:25| NEWS

2009年12月16日

All You Need is Love

愛こそ全て、愛が人を救い、癒し、支える最も尊いもの、と主張して異議を唱える人はいないでしょう。物質的な飽和状態の中で漠然とした不安を抱えて生きていると人々は尚更「愛」を口にします。

それにしても、「愛」って何でしょうか?
20年以上前ですが、3歳の姪に「愛ってなあに?」と聞かれ、絶句してしまった事を思い出します。では、今なら答えられるかと言われても、とても一言では言えない大変難しいものである事に変わりありません。

実際に恋愛のご相談でいらっしゃる方も少なくありませんが、そうでなくても、どんなご病気でも、お悩みでも、その背景には必ず「愛」の問題が潜んでいます。
それは、人が必ず「愛」を必要とするからです。
その他、人間には権力欲や、名誉欲、金欲や物欲などもありますが、愛欲ほど強烈で厄介なものはありません。
誰かを愛せば、愛されたいと欲し、独占したくなります。思うように愛が得られなければ失望し、自分以外の人が愛されていれば嫉妬し、相手を恨みます。全て愛故です。

そう簡単に美しく尊いものと言い切れない程「愛」にはあまりに複雑な要素が含まれています。私達は愛に翻弄され、迷い、悩み、心身の不調を発症させるのです。
それが自分自身の問題ならまだしも、この世には愛故のストレスエネルギーがわんさと漂っています。自身が抱えている愛の問題を出来るだけ冷静に認識するためにも、そこら中に漂う愛欲邪気に感染しないためにも、今後も人間の愛欲のメカニズム分析を試みていきたいと思います。

話しは変わりますが、今日偶然居合わせたクライアントさんお二人の会話がとても嬉しかったのでご報告させて頂きます。
お二人ともご家族の問題や長年の体調不良でご苦労されていましたが、5〜6回の通院でこんなにも改善するなんて夢のようだとおしゃっていました。こんなにも晴れやかな気持ちでお正月を迎えられるのは何年ぶりだろう?と、会話がとても弾んでおられて、傍にいた私もとても嬉しくなってしまいました!
このセラピーの効果を改めて確信しつつ、この画期的な方法をより多くの方に知って頂きたいと心から願う本日でした。

・・オキノ・・

posted by ルーエ at 17:11| LOVE

2009年12月14日

魅惑の言霊 その2

これまで、当院がセラピーに用いているアイテムとその仕組みを少しずつお話ししてきましたが今日は少しまとめてみたいと思います。

当院は「気」を駆使したセラピーを行っています。
「気」はスピリチュアルエネルギーと言う事もできますが、何も特別なものではありません。誰もが日常的に感じているある種のエネルギーです。
そして「調心」「調息」「調身」する事で身体にも心にも空間にも「気」が流れます。

当院がオリジナルで開発した「気」を流す方法は「言葉」「色」「形」をうまく組み合わせ使うものです。中でもフラワーフォトセラピーは色、形を組み合わせた画期的な方法として、少しずつ認識され、広まりつつあります。

それから、セラピーに於いて最も重要な「認識する」という事を忘れてはなりません。
セラピーに於ける「認識」とはクライアントの「心と身体のニーズ」を出来るだけ詳細に的確に汲み取る事です。そして、人間の心と身体の状態を認識するのに最も重要なのは「言葉」です。モヤモヤとしてはっきりしない心の状態も出来る限り言語化してあげる必要があります。人間の最強最大のツールは、やはり「言語」です。フラワーフォトやエッセンシャルオイルはとても微細な波動で心身を癒してくれます。ただ、言語的サポートをする事でその効果は何倍にもなります。ただ漠然と使うより、どういう理由で何のためにそれらを必要とするのかを言語化し認識する事が重要なのです。

例えば、お腹が痛い場合を考えてみましょう。「お腹が痛い」というだけでは、胃が悪いのか、腸が悪いのかさえわかりません。そこで、紙に「胃の痛みが癒される必要がある」「腸の痛みが癒される必要がある」とそれぞれ書いて、被験者に近づけてみます。そうすると、必要な言葉を近づけた時にその方の身体に「気」が流れます。それで初めて病巣がわかり、より的確なアイテムを選ぶ事が出来るという訳です。もちろん、大腸、小腸、など部位の選択肢を増やしたり、心のストレス感情を書いた紙を含めて調べれば、心身両面での原因を詳細に認識する事も可能です。

身体に「気」が流れると、呼吸、筋力、脈などに変化が起こります。その変化を的確に読み取る訓練さえすれば、どなたでもセラピーが可能なのです。
当院ではFBP法という、気感、呼吸、脈の変化を読み取る方法を用いています。
この方法はアロマオイル調合法講座や、言霊セラピー講座で学ぶ事ができます。

12月20日は今年最後の「言霊セラピー講座」です。
当院のセラピーの要素が凝縮されたこの講座で、是非「気」の世界の素晴らしさを実感してみて下さい。まだまだ受付中です。お申し込みはこちらから→http://www.shinshintherapy.com/koza.html#kotodama

・・オキノ・・

posted by ルーエ at 16:29| 本宮式セラピー

2009年12月05日

魅惑の言霊 その1

当院のセラピーの中核に「言霊セラピー」というものがあります。
「言霊」というと何だか怪しい響きかもしれません。現に「呪文」とか「祝詞」とか特別なものを想像する方もいらっしゃいますが、当院がセラピーで使うのは、私達が日常使う普通の言葉です。

「言葉」「言語」は人間だけが使う最強最大のツールです。この普段当たり前に使っている言葉が私達にどんなに強力に作用するか・・それは本当に驚きです。

「言葉」はそれぞれある波動を持っています。それは、その意味はもちろんですが、音も字そのものも、それぞれの波動があります。

言霊セラピー講座の一番初めにこんな実験をします。「愛」と「憎」と書いたカードをそれぞれ用意して裏返しておきます。カードの文字は見えないようにして順番に胸に抱いてもらい、それぞれどんな感じがするかを話してもらうのです。「暖かい感じがする」「胸がスっとする」「呼吸が楽になる」「嬉しくなる」「顔がほころぶ」などの感じがするカードをめくるとそこには「愛」と書いてあります。一方「寒い」「胸が詰まる」「息が苦しい」「憂鬱になる」「眉間にシワがよる」などの感じがするカードには「憎」と書いてあります。それは8割以上の方の結果です。面白いのは、それが日本語でも英語でもなく、認識のまるでない「ギリシャ語」でも結果は同じです。それは本当に驚きですが、人間はそれだけ「言語」に敏感なのです。

以前にも心の鍵穴にぴったりと合った言葉をかけてあげる事が出来れば、それは最大の癒しになる、というお話しをしました。という事はその言葉をもっと積極的に巧みに使う事で究極のセラピーへと発展させられるはずなのです。

続く・・オキノ・・
posted by ルーエ at 16:18| 本宮式セラピー

2009年12月02日

11/29の講座

先週の日曜日は今年最後の「心に沁みる哲学と心に響く写真講座」でした。
基本テーマは「人間の愛と欲望」でしたので、予告通りなかなかディープな内容でしたね。
「愛」の二面性についての徹底分析は人間の苦悩の根源に迫るものとなりました。

ご出席頂いた皆さんは講義前と講義後の写真撮影で驚くべき変化を体験されたようです。

愛の二面性については、今後この場でもテーマにしていきますのでお楽しみに〜。

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 10:51| NEWS

2009年11月24日

心に沁みる哲学と心に響く写真講座

11/29(日)は今年最後の「心に沁みる哲学と心に響く写真講座」です。

邪気に打ち克つには、まずその正体を知る必要があります。私達を不幸にする強烈な邪気の成分は、人間の消化しきれない強烈なストレス感情の濃縮エキス・・さらにその沈殿物みたいなものです。
それはすなわち、人間の闇の感情と欲望です。
今回の哲学ではそれを徹底的に分析解読するという壮大なテーマです。人間の愛とエゴイズム、サディズムとマゾヒズム、嫉妬とルサンチマン・・うう・・こうやって挙げるだけでも、キツいですね〜。今回の内容はかなりディープなものになりそうです。
そしてそこから、人生の不幸の謎を解き明かしていきます。

決して難しい訳ではありません。私達の日常に潜む邪気の種を知るだけで、腹が据わり心に余裕が生まれます。
きっと今までとは違った視点が生まれるはずです。それまで見えなかった美しい花々からのメッセージにも気付くかもしれません。実際に写真を撮ってその変化を体験してみて下さい!

お申し込みはコチラから↓
http://www.shinshin-therapy.com/koza.html#tetsugaku

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 15:44| お知らせ

2009年11月23日

心の免疫力

急に寒くなり、いよいよ冬本番ですね。インフルエンザも流行っていますので予防のために出来る事はなるべく心掛けたいですね。うがい手洗い、マスク着用は最低限の水際対策ですが、根本的な問題は体調管理です。最近は電車内でちょっと咳をしただけで鋭い視線を向けられてしまうほど皆がピリピリと神経質になっていますが、風邪をひいている人が傍で咳をしたからといって必ず感染するわけではありません。心身の状態が良好で免疫がしっかりと機能していれば、感染する可能性は低くてすみます。
私が子供の頃は殺菌剤入りの石鹸もなかったですし、ましてアルコールで手を拭いたりする習慣もありませんでしたが、冬になれば母が生姜湯を作ってくれたり、食卓には根菜類が多く並んだり、冬には冬の体調管理が自然に出来ていたのかもしれません。
健康のためには、病原菌を出来る限りシャットアウトする事とそれに対する抵抗力をつける事、両方が必要なのですが、病原菌が減った事を顕微鏡で確認できないと安心出来ないような風潮を感じてしまうのは私だけでしょうか・・。

さて、今日は病原菌ではなく、ストレスに対する心の免疫力のお話しです。
これまで書いてきたように、人は無自覚に他者の欲望を生きたり、簡単に他者のストレスに感染したりと、何とも頼りなくか弱い生き物です。
心の健康を保つには、ストレスを溜めないよう上手に発散する事と同時にストレスに負けない強い心を養う事が必要です。でも・・心を養うってどういう事でしょう?
私たちは生まれてすぐは何も出来ませんが、教育を受けながら少しずつ「人間」になっていきます。歩き始め、自我が目覚める頃から「してはいけない事」を親から学び、叱られながら成長します。そして学校に入り集団生活の中で社会のルールを学んでいきます。
しかし、今日社会は物凄いスピードで変化しています。複雑化していく社会に取り残されないよう日々戦々恐々とした大人達は全く余裕がありません。自らの価値観が揺らいでいる中で、子供たちに向って「生きていく上で大事な事」を堂々と教える自信も揺らいでいるのではないでしょうか。
今、論語などの古典がブームになっているのはそういう背景があるのかもしれません。人間は何処かで揺るぎない倫理道徳を求めているのです。個性を生かすためにはまず土台が必要なのです。

当院では「心に沁みる哲学と心に響く写真講座」を2カ月に1回行っています。これまで、プラトン、プロティノスなどの西洋哲学から、孔子、ブッダ、老子、墨子などの東洋哲学まで幅広く古典の真髄を学んできました。そこには、時代、人種を超えた人間の知恵が詰まっています。哲学に精通した本宮院長の無駄を削ぎ落とした独自の解説が私たちの心身にスムーズに沁みわたっていきます。
そして、「気」を捉える花写真の撮影法をトレーニングします。
哲学的視点を持つ事でこんなにも、写真が変わるものか・・?!と毎回新鮮な驚きを体験します。本当に凄いですよ〜。

次回11月29日の「心に沁みる哲学と心に響く写真講座」の内容の予告はまた明日・・。

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 19:36| 心理・哲学

2009年11月18日

体験談

当院でのセラピーを体験された方から体験談が届きましたのでご紹介させて頂きます。

26歳、女性、職業・ダンサー。
卵巣のう腫、腎臓疾患をお持ちでした。腎臓が弱い家系なのと、職業柄、厳しい練習や体型維持のために繰り返してきた無理なダイエットによる身体への悪影響も気にされていました。
「気」の診断によると、身体の活力自体がかなり低下していたので、ハーブとエッセンシャルオイルを腎の働きの波動に合わせて調合したものを使って頂きました。「気」の調合法についてはコチラへ→http://www.shinshin-therapy.com/koza.html#chogo

以下は彼女の感想です。

「ハーブと調合オイルを使い始めて間もなく、顔色がまず良くなり、体のだるさも前に比べると減りました。オイルの香りにもすごく癒されて、気分転換に使用しています。
使い始めて2ヶ月が経ち、主治医のもとで卵巣と腎臓の定期検診を受けたところ卵巣にあった腫瘍が消え、腎臓の数値も問題無しになったのです!主治医もとても驚いていて、何をしたの?と聞かれました。漢方などを試しても効果が出ない場合もあるのに、体質にあった良いハーブに出会えて良かったねと言って頂き、とても嬉しかったです。こんなにも早く効果が現れるなんて本当に驚いています。」

このように、早い方は1〜2ヶ月で体調の改善を実感されます。病院の検診で確認できると、嬉しさ倍増ですよね。

フラワーフォトはちょっと理解できないな〜という方でも、まずはハーブやエッセンシャルオイルで「気のセラピー」を体験して頂けると実感しやすいかもしれませんね。

お問い合わせは当院まで。
abp-info@ac.auone-net.jp
03-3465-7833 心身一体療法研究所/ルーエ

・・オキノ・・

posted by ルーエ at 18:20| 体験談