2010年10月27日

チャクラとその働き

今日は、何故かこれまでお話しした事がなかった「チャクラ」のお話です。
皆さんもチャクラについてはよくご存知だと思いますが、当院のセラピーに於いてもチャクラの概念はとても重要です。チャクラとは、エネルギーセンターのようなものです。一般的には、チャクラを「開く」事を薦めている文献が多いようですが、当院ではこう考えています。真気に対しては「開き」邪気に対しては「閉じる」、そして、真気を取り込み、邪気を排出する、この機能こそがチャクラの重要な働きです。食物を取り入れ食栄養を吸収し残りを排泄するように、東洋医学では気、血、水、の流れを重要視します。生命とは流れの中に生じる秩序と考える事が出来るのです。その流れを滞らせずエネルギー交換がスムーズな状態が「健康」です。
基本的にはチャクラは7つとされていますが、当院では体中いたるところにあると考えています。今日はそれらを上半身チャクラと下半身チャクラに分けてそれぞれの働きをお話しします。
下半身のチャクラ【主にムーラダーラ(尾骨)ソワディスターナ(生殖器)マニュピラ(へそ下)】は身体的エネルギー、生命力や意欲と関係があります。この下半身のチャクラエネルギーが不足すると邪気を排出する力が低下し、体内に滞留し始めます。そして、邪気の性質である破壊的エネルギーが内向し、自己否定的、自虐的な傾向になり、場合によっては病気を発症させます。一方、上半身チャクラ【主にサハスラーラ(頭頂)アジナ(眉間)ビシュダ(喉)アナハタ(胸)】は判断力や自制心、感情などに関係があります。こちらのエネルギーが不足した場合は、真気が入りにくくなり、真気不足の状態となるので、判断力や自制心が低下します。そして入ってきた邪気はそのまま破壊的エネルギーとして排出され、攻撃的な人格となる場合もあります。
当院ではこれら全てのチャクラのエネルギーをUPさせるために、フラワーフォトとアロマオイルが揃っています。これらはとても効率よく心身に働きかけてくれます。上半身と下半身のチャクラのバランスを整えるだけで、こんなに変わるのか!と思うほど、本当に素晴らしい効果があります。かわいい詳しくは心身一体療法研究所までお問い合わせ下さい。
abp-info@ac.auone-net.jp
・・オキノ・・
posted by ルーエ at 13:14| チャクラ

2010年09月19日

ホリスティック医療

私達は目に見える物質だけで生きている訳でない事は誰もが知っています。第一酸素が無いと生きていかれませんし、電気や電波も目に見えませんがその存在を疑う人はいませんよね。ただ、電波そのものは見えません。TVやラジオを通して初めて見えるもの、聞こえるものに変換されます。よく「気」を説明するのに「電波」を引き合いに出しますが、このふたつには決定的な違いがあります。「電波」は客観的観測が可能であるのに対して「気」はそれが不可能です。それは「気」が客観性と主観性の両面を併せ持つからです。「気」はある種のエネルギーであることは確かですが主観的な思いで変化するものです。すなわち、100%客観的に観測できないということです。しかしそれは重要な事ではありません。

目に見えないものの存在を証明するのが科学ですが、その証明の仕方はあまりに画一的ではないでしょうか?「科学的根拠」のないものを排除するエビデンス至上主義の現代医療に疑問を持つ人は多いはずです。
今マスコミを賑わせている「ホメオパシー」の問題が象徴するように、未だにこの手の問題は「科学的根拠」の有無で判断さています。今回の問題では、その処方の仕方に問題はなかったのか、クライアントへの説明は十分だったのか、無闇に西洋薬を排除しなかったか、など論点はいくつもあると思いますが、朝日新聞の一面にホメオパシーは「荒唐無稽」と報道されてしまいました。
ああ・・いつになったら本当のホリスティック医療が実現するのでしょうかたらーっ(汗)
最先端の医療だって100%病気を治してくれる保証はありません。
科学的根拠が完璧ではない事は誰もがわかっていることなのに・・。
科学的根拠、経験的根拠、そこに垣根がなくなり、“ハイ・プロバビリティ”なものなら、同列に医療として認可され、誰もが自由に選択できる、そんな日が早く来て欲しいと心から思います。

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 17:52| 「気」の世界

2010年09月06日

「Trinity」

厳しい残暑が続きますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さて、久しぶりの雑誌掲載情報です。

「Trinity」というスピリチュアル系の雑誌です。
今月号No,36のレスキューサロンガイドのコーナーで当院が紹介されておりますので、ご興味のある方はチェックしてみて下さい。
以下、関連情報です。

・・・オキノ・・・

-----------------------------------------
株式会社エルアウラ TRINITY
TEL:03-3221-7876
FAX:03-3221-7877

TRINITY URL http://www.el-aura.com/
posted by ルーエ at 12:27| NEWS

2010年08月18日

講座のお知らせ

大変ご無沙汰しておりましたあせあせ(飛び散る汗)
今年の夏は大変な猛暑ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

当研究所はお陰さまで相変わらずの忙しさと、日々研究の躍進でスタッフ一同夏バテの余地はないようです晴れ

さて、今週日曜、22日は「言霊セラピー講座」です。
私達が日常何気なく使う『言葉』。その言葉の波動を上手く使う事で画期的なセラピーをあみ出した当院オリジナルの技法を基礎から学んで頂けます。心と身体のニーズにピタリと合った言葉の波動は私達を深く優しく癒してくれます。この画期的なセラピーを体験し、学んでみませんか?
-------------------------------------------

今年5月に開講した「FBP気の診断法講座」(初級コース)ですが、皆様にご支持頂きお陰さまで来月最終回を迎えます。
大変お待たせ致しました!第2期目の生徒さん募集を開始します!
2期目は10月10日スタートです。(以後、毎月第2日曜日、全5回コース)

なお、中級コース開講決定です!!
(初級コース修了者が対象)
スタートは来年2011年1月予定です。
詳細は追ってお知らせ致します。

いずれも、お申し込みお問い合わせは
心身一体療法研究所 03−3465−7833
abp-info@ac.auone-net.jp

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 17:03| お知らせ

2010年07月08日

無償の愛

「無償の愛」ってあるんでしょうか?

私達未完の人間にとっては永遠の課題かもしれませんが、例えば太陽の光は無条件無差別に私達に恵を与えてくれます。では、神様の愛はどうでしょうか?(*ここで言う神は宗教的な概念の神です)
古来からどんな信仰も供物や生贄を必要としてきました。自然信仰に於いての供物は自然に感謝するという意味がありますが、もし供物も生贄も何も捧げなかったら、やはり自然(=神)の怒りに触れて天罰が下ると人々は考えたでしょう。天災や疫病は天罰という訳です。

人間はもともと罪深い存在である、というのはキリスト教の基本概念です。これを原罪と言います。人間として生まれた時点で既にマイナスからのスタートです。なので私達は常に精進し、苦行や苦難に耐え、神の愛を得なければ許されません。苦行や苦難に打ち克つ事が神への愛の証となるのです。これを「パッション」と言います。キリストの磔刑がまさにパッションです。愛はパッションによって実現するのです。
ああ・・・本当に気が重くなりますねたらーっ(汗)
わかりやすいのでキリスト教を例に挙げましたが、そこまで強烈でなくても、どうも私達は無条件に愛を享受する事に慣れていないようです。

私達人間はもともと愛に満ち溢れた存在で、生まれたこと自体がこの上ない喜びだ、と心底思えたら人生はどうでしょうか?逆に、何故、自分は無条件に愛され、守られ、受け入れられる存在だと思えないのでしょうか?

さてさて、当院での治療の最終目的はこれです。
無条件に愛を享受出来たら、治癒力UPはもちろん、人間関係だって、とってもスムーズなはずです!そんな自分を想像してみて下さいかわいい

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 17:41| LOVE

2010年06月03日

講座日程

今後の講座のお知らせです。

・心に沁みる哲学と心に響く写真講座
 7/25、9/26、11/28

・言霊セラピー講座
 6/27、8/22、10/24、12/19(講座後忘年会あり)
☆忘年会のみのご参加も大歓迎!!!☆

・FBP気の診断法講座
 6/13、7/11、8/8、9/12・・・以上が1期目。    
 *1期目 の募集は終了しています。
 10/10から2期目が始まります。2期目のご予約承ります。
 以降、基本的に毎月第2日曜日。

・オイル調合法
 毎月第2土曜日、18時〜
 無料体験あり

・オイル経絡トリートメント
 毎週木曜19時〜

その他、オイル経絡トリートメント、気功指圧、オイル調合法、
の個人指導コースも随時生徒募集中です。

楽しく学んで人生に役立てて頂ける講座ばかりです!
皆様のご出席をお待ちしております☆

お申し込み、お問い合わせはお電話かメールで。

03−3465−7833
abp-info@ac.auone-net.jp

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 11:30| お知らせ

2010年05月11日

「FBP気の診断」講座

5/9、「FBP気の診断法」講座に御出席頂いた皆様お疲れ様でした。
そしてありがとうございました!

「どなたにも出来る!」を連呼しましたが、皆様にFBPを実感して頂けたようで、とりあえず私も一安心しております。

次回はもう少しステップアップした技法を学んでいきます。どうぞお楽しみに!

なお、今回は定員に達しておりますので、今期の募集は締め切りとさせて頂きます。欠員が出た場合はまた改めてお知らせ致しますが、次期のクラスは10月10日(日)を予定しております。ご予約も承りますので、メールにてお申し込み下さい。よろしくお願い致します。

お問い合わせ、お申込みは
abp-info@auone-net.jp

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 21:42| NEWS

2010年04月29日

5/9FBPによる気の診断法講座

5/9の「FBPによる気の診断法講座」にお申し込み頂いた皆様ありがとうございます!

お陰さまで多くの反響を頂きまして、予定しておりました定員に達しましたので今回はここで締め切りとさせて頂きます。

今回日程が合わなかった方もまたの機会にご出席頂けたらと思います。いつから始めても、毎回出席出来なくてもとにかく5回でワンクールです。

より多くの方にこの便利で画期的なFBP法を学んで頂けるよう、末永く続く講座にしたいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。
・・オキノ・・
posted by ルーエ at 14:09| お知らせ

2010年04月24日

講座のご案内

明日4/25は「言霊セラピー講座」です。
10:00〜18:00 受講料21000円
当日参加歓迎です!
私達が日常普通に使う言葉も「気」を発しています。これをうまく使い組み合わせる事で心身に「気」が流れます。何も道具を使わない「言葉」による画期的なセラピーです。是非御体験下さい。

新講座のお知らせです

「FBPによる気の診断法講座」

当院のセラピーの基本になっているのがこの「FBP法」です。
これはとても簡単で客観性のある検査法です。もちろん、どなたでも習得でき、日常生活に即役立つ便利な「技」です。買い物する時も自分により適合する物を選べたらとても便利ですよね。この機会に身に付けてみませんか?


―初級― 
日時:5月9日(日)13時〜18時
受講料:8400円 ―全5回コース(42000円)―
*5回出席で修了証発行
場所:心身一体療法研究所
講師:沖野 真樹

 ・FBP診断法とは何か?
  FBPを実際に体験するトレーニングをしっかりと基礎から行います(呼吸、脈、気感の変化をしっかりと実感するためのベーシックな練習)

・簡単気の診断法
  ○シンプルなチェック表を用いた気の診断法の解説
   ―ホルモンバランス、セルフレベルのストレスなど、ごく初歩でしかも重要な診断法を学びます
  ○主なホルモンについての基礎知識
  ○毒素の説明、ウィルスの説明
  ○ホルモンと邪気の関係
 
・症状に合ったエッセンシャルオイルやハーブ、フラワーフォトを的確に選べるようにトレーニングします。
  
*その他、先生には今更聞けない・・・など、皆さんの日頃の疑問を何でも受け付けます。
皆さんと気軽にディスカッションしながら、本宮治療法の基礎を学んでいきたいと思っています。

お申し込み、お問い合わせは、お電話03−3465−7833FAX03−3465−7825
またはabp-info@ac.auone-net.jp へ、メールにてご連絡下さい。

なお、中級クラス、上級クラスとも各5回です。
これまでの言霊セラピー講座とは差別化し、実際に現場で使えるFBP診断法を徹底的に習得するための講座です。今後は認定試験などを設け、皆さんのスキルアップのお役に立てればと思っています。

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 11:04| お知らせ

2010年04月21日

禁断の惑星

新月の夜にノートにお願い事を書くとか、未来の自分を日記形式で綴る未来日記とか・・やった事ないですか?それは成功哲学のオーソドックスな手法ですから、試みた経験がある方も多いと思います。その時「希望を出来るだけ具体化」するのが秘訣のようです。

ノートに書くだけで夢が叶うならこんなに素晴らしい事はありません。
ところが、これを真剣にやろうとするとなかなか難しいものがあります。考えれば考えるほど自分の希望がわからなくなってしまった経験がある方もいるはずです。

前回も書いたように、人間の心はとても複雑で、誰の心にも「闇」が潜んでいます。
という事は“あなたが強く望めばその思考は実現する、闇バージョン”もあり得ると言う事になります。

ここでとても面白い古いSF映画をご紹介します。
1956年アメリカ製作の「禁断の惑星」です。
ある惑星に高度な進化を遂げた「クレール人」という先住民族がいました。彼らが生み出した高度な文明とは「思考が現実化」する装置、すなわち“夢が何でも叶う”魔法の文明がそこにはあったのです。ところが、彼らは突然滅亡してしまいます・・!
何故なら、彼らは自らの心に潜む「闇」について全く無自覚だったからです。夢や希望の枠からはみ出し、膨れ上がった自らの欲望と共に増長された憎しみや怨念は「イドの怪物」となってそこに顕現します。(*イドとは潜在意識の事)自ら生み出した高度な文明は、己の心の闇に潜む「怪物」までも現実化してしまったのです。

SF映画という設定だからこそ描けた人間の心の多面性ですが、1956年にこんなによく出来た映画があった事に驚きです。機会があれば是非観て下さい。

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 00:13| 心理・哲学