2012年07月30日

愛のイメージ

このブログでは常に人間関係について考察しています。
私達の人間関係は主に3種類しかありません。

@ 支配隷属関係(これを個我的関係と呼びます)
一方は支配的、攻撃的な人格となり、一方は隷属的、自虐的人格となります。

A べったりとくっつき、ひとつになろうとするような関係(これを融即的関係と呼びます)
お互いに同一化して何でも同じになろうとする。そうなる事を理想とする。

B @でもAでもない関係。(これを関係性自我に基づく愛情関係と呼びます)
これをイメージするのはかなり難しいのですが、今後はこの人間関係を築くためにどうすればいいのかを考察していきたいと思います。

@が健全でない事は誰でもわかりますよね。
問題はAの融即的関係です。愛情が深まれば、大抵の場合相手と融即したくなります。
母親が子供を自分の分身と思うように、愛し合う恋人同士がひとつになりたいと思うように、他者と融即する事は一見愛の喜びのように見えます。しかし、この関係には大きな落とし穴があるのです。

私達は一人一人個人としての「膜」を持っています。他者と融即的に愛し合うためにはこの「膜」を壊す必要があります。愛の欲求が高まれば高まるほどこの「膜」が壊れる可能性も高まるという事です。しかし、この「膜」は私達個人をあらゆる「邪気」から守るための大切なディフェンス機能を担っています。
それは、誰かと愛し合えば愛し合うほど病気になったり苦悩が増えたりする可能性がある、という・・とんでもない矛盾が生じるという事を意味します。何ともショッキングな理論ですよね。
そんなバカな・・と思うかもしれません。
でも少しだけ立ち止まって今までの愛のイメージを省みてみませんか?
大切な「膜」を壊さず、愛し合う方法がきっとあるはずです。いいえ、あるんです・・!

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 16:44| LOVE

2012年07月19日

講座について

あっという間に夏本番になってしまいました。連日の猛暑ですが、皆様体調はいかがでしょうか?

さて、このところ講座の御案内が滞っていましたが、現在も各講座開講中です!
詳しくはコチラ↓をご覧下さい。

http://www.shinshin-therapy.com/koza.html

○8/5(日)13:00〜18:00 FBP気の診断法 中級
○8/12(日)13:00〜18:00 FBP気の診断法 初級
○8/19(日)13:00〜18:00 言霊セラピー
○毎週水曜日 19:30〜21:30 哲学講座(現在は中論)

その他、アロマ経絡マッサージ、気功指圧、アロマオイル完全調合法 などの講座のお申込みは随時受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

abp-info@ac.auone-net.jp

・・オキノ・・



posted by ルーエ at 18:54| お知らせ

2012年06月20日

自分探し

本当の自分って何なのか考えた事ありますよね。で、見つかりましたか?
自分探しをするという話しはよく聞きますが、それで自分が見つかったという話しを私は聞いた事がありません(~_~;)
本当の自分って一体どこにいるんでしょうね??

もしかしたら・・「本当の自分」自体が幻想なのではないでしょうか?
何処かに確固たる本当の自分がいる訳ではないのでは?では・・何処にも本当の自分がいないとしたら・・私達は何処を目指せばいいのでしょうか?
私達は常に他者と関わりながら生きています。外界と断絶した状態では生きていかれません。
例え、引きこもっていても他者と関わりたいという欲求が絶えることはありません。
逆に、他者と関わり解り合いたいからこそ引きこもったり、悩んだり、病気になったりします。
私達は他者と関わり、外界と関わり、悩みながら成長するしかありません。山に篭って瞑想しても「本当の自分」には出会えないのです。(瞑想が悪い訳ではありません!内観することは大切です)

確固たる自分も確固たる他者もいません。
常に関係性の中で変化する流動的な自己と流動的な他者しかいないのです。その一瞬一瞬の自己が常に本当の自分と言えるのかもしれません。

そしてまた「本当の自分」幻想が邪魔をして、人と関わるのが怖くなっている傾向はないでしょうか?
本当の自分なんて分かりもしないのに、人と深く関わったり、影響を受けたりすると、まるで自分が侵食されて自己がなくなってしまうように思います。本当は、他者と深く関わる事でしか自己を明らかにする方法はないのです。「関係性の中で本当の自分は日々更新される」こう考えてみてはどうでしょうか?

ほんのちょっと発想を変えて、家族と、恋人と、友人と、同僚と、上司と、接してみると、きっと相手にも、自分にも、新たな発見があるはずです。

・・オキノ・・

posted by ルーエ at 13:50| 心理・哲学

2012年06月18日

自己治癒力

先日TVを見ていたら、最近の若い世代に多く見られる傾向のひとつに次のような事が挙げられていました。
「成績が悪いのは先生の教え方が悪いから」「仕事で失敗したのは上司の指導が悪いから」と、全て人のせいにする傾向があるというのです。これがどこまで正しい情報かは別として、これをセラピーの現場に当てはめて考えると危機感を覚えずにいられません。この姿勢でセラピーに臨んでいたら改善するものもしなくなってしまいます。それどころか、こんな考え方が世間に蔓延していったら全ての場面で健全な人間関係は築いていかれません。
確かに、私達は常に溢れんばかりの物質と情報の中で何不自由なく生活する事に慣れすぎていて、「与えられる事」が当たり前になっています。若い世代ほど子供の頃からそれが当たり前でしょうから、自分で工夫し創造していく力を去勢されていてもおかしくありませんが・・。教育現場での課題は山積みです。踊っている場合でしょうか・・?あせあせ(飛び散る汗)

人間は機械とは違って私達の心身には素晴らしい自己治癒力がもともと備わっています。
全てのセラピーは各人の自己治癒力が最大限に発揮されるようにそのスイッチを入れる手助けに過ぎません。治癒していくのはあくまでも本人の力です。私達セラピストはそれぞれのクライアントさんがより良く生きて行かれるために一緒に考え、最大限のお手伝いをする、それが役割です。クライアントさんと二人三脚で改善を目指すしか方法はありません。
現代社会はあまりに複雑過ぎて私達はすぐに迷子になってしまいます。ですから尚の事自分自身の力を信じるたくましさが必要です。当院ではそんな迷える方達の自己治癒力発揮のためのセラピーをご用意しています。迷える皆さん、是非お気軽にご相談下さい。かわいい
・・オキノ・・
posted by ルーエ at 16:11| 本宮式セラピー

2012年05月23日

愛に於ける不適切行動一覧

1、何も言えなくなく
2、興奮して喋りまくる
3、逃げ出して遠ざかる
3、まとわりついて離れない             
4、わざと嫌われるようなことをする
5、好かれようとしてやりすぎる      
6、その人の前でダメな自分を演じる
7、その人の前ではしゃぎすぎる、目立とうとする
8、自分は嫌われていると思いこむ         
9、相手を嫌いだと思いこむ、大嫌いだという
10、劣等感にさいなまれる             
11、相手より優位に立とうとする
12、自分を卑下する                
13、相手の欠点を見つけて批判する
14、誰よりも醜く劣っていると思いこむ       
15、相手には自分しかいないと思いこむ
16、他の女性(男性)に紹介する          
17、周りは全部敵だと思いみ、足引っ張り排除する
18、一途に思い込みすぎる             
19、他の女性(男性)sex・結婚する   
20、進んで降参する                
21、絶えず勝とうとする
22、進んで隷属・奉仕しようとする         
23、絶えず支配し権力を誇示する
24、相手の好みに全部同化する           
25、相手を自分の好みに従わせようとする
26、相手を称賛しまくる              
27、相手をこき下ろす
28、相手のいいところしか見えない         
29、相手の悪いところだけ見つけようとする
30、他人の前でもその人をほめる          
31、あることないこと吹聴する(悪い評判を立てる)
32、他の人を好きだと思いこむ           
33、他の人が好きであるようにふるまう
34、指摘されると一生懸命否定する         
35、指摘されるとやたら怒りだす
36、理想像を投影する               
37、ある部分、最低像を投影する
38、より地味で目立たない服装をする        
39、過剰に自己アピールする服装をする
40、連絡先を教えておいて連絡できないようにする  
41、しつこく電話・メールしまくる
42、他の異性を逃げのために作る・確保しておく   
43、無関心を装う、嫌いな振りをする
44、身体的な距離を取って遠ざけようとする     
45、身体的な距離をいきなり縮めすぎる

ざっと45項目挙げてみましたが、この中で自身に当てはまるものをチェックしてみて下さい。いくつ当てはまりますか?これらは男女関係に限らず、人間関係全般にあり得る事柄ですね。まずは人づきあいする上での自身の癖や傾向を省みてみましょう。
・・オキノ・・
posted by ルーエ at 14:18| LOVE

2012年05月15日

好きなのに・・何故?

子供の頃、好きな子をいじめたり、いじめられたりした経験ありませんか?それが愛情関係に於ける不適切な行動の原型です。好きなのにいじめてしまう。好きだからこそいじめてしまうんですね。そういった不適切行動は大人になってもあまり変わらないようです。大人になってからは、もっと複雑で面倒な行動をしてしまいます。私達はどうして素直に愛情を表現できないのでしょうか?

「愛」とは美しく尊くロマンティックなもの・・それは「愛」の一側面に過ぎません。
「愛」には必ず「エゴイズム」が混在します。愛が深まれば深まるほど「エゴイズム」も大きく膨れ上がるのです。私達凡人にとって「無償の愛」はあり得ません。では、愛のエゴイズムとはどういったものでしょうか?

次に挙げるのは愛情ある全ての関係にあり得る事柄です。恋人や夫婦間だけでなく、親子、兄弟姉妹、友人、上司と部下、教師と生徒、医者と患者など・・そこに愛情や信頼があれば全ての人間関係に当てはまります。多くの場合、愛と憎しみは表裏一体です。全く関心のない相手には憎しみも湧きません。
人を愛すれば・・
相手を所有し、独占したくなります。自分がその人の一番になりたい。その人をコントロールして自分の思い通りにしたい。自分のイメージ通りに愛されたい、愛したい。自分だけを愛して欲しい。ひとつになりたい。などなど・・。

また、こういうパターンもあります。
その人に所有されたい。隷属したい。全てを投げうって尽くしたい。などなど・・。

どのパターンも愛のエゴイズムです。どなたでも何らかの形で経験があると思います。
(え?それのどこがいけないの?と感じた方もいらっしゃると思いますが、そのお話はまたの機会に・・)

そしてこれらの欲求は決して満たされる事はないので、そこに憤りが生じます。
そうすると、そのフラストレーションは様々な形で表現される事になります。
思い通りにならない相手に対して怒りや嫌悪を覚え、非難したり、攻撃したりします。
もしくは、勝手に自分を卑下し、自信喪失になり、自己嫌悪したり、罪悪感を持ったりします。そうしてまた、自己嫌悪させたり、罪悪感を抱かせる相手を憎む気持ちも起こります。
全く人の心は複雑怪奇です。
この悪循環にはまれば関係は当然破綻します。

さて、何だか嫌な話しかもしれませんが、こういった愛にまつわる人の心のエゴイズムを客観的に理解する試みはとても重要な事です。また、そうする事で自身のエゴイズムの傾向を少しでも分析出来れば、自分の感情に振り回されずに済むのです。次回は「不適切行動一覧表」をUPしますので、まずは、御自身の「愛の癖」を振り返ってみましょう。
・・オキノ・・
posted by ルーエ at 19:43| LOVE

2012年05月08日

「愛」ってなあに?

私達は生まれた瞬間から、いいえ、胎児の時から、強烈に愛を必要とします。
「他者と愛し合い繋がりたい」それは人間の根源的な欲求です。金銭欲や権力欲はその代替欲求でしかありません。社会的な成功のために経済の仕組みとか、人との接しカ方とか、そういった学びには貪欲なのに愛情が絡んでくると途端に腰が引けてしまう・・という方結構いますよね。
恋愛にはひたすら体当たり、ボロボロに傷ついてもまた同じ失敗を繰り返してしまう・・
会社では見事な仕事ぶりの上司も家庭では子供とどう接していいかわからない迷える父親・・
そんなケースも本当によくあります。

社会的成功も高度なテクノロジーも「愛」の前では無力です。

愛を望めば望むほど、それは得難く、そして苦悩が深まります。
そもそも私達が欲しくて欲しくて仕方のない「愛」って一体何なのでしょうか?目に見えないこの「愛」というものに私達はどのように接したらいいのでしょう。「愛」とは何か?徹底的に考えたり、本気で話し合った経験がある方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?私もセラピストという仕事に就くまでは「愛」について深く考えた事はありませんでした。それは抽象的でぼんやりと得体の知れないものでした。今はこの仕事に就いたお陰で「愛」について考えざるを得なくなりました。「愛」こそ病と苦悩の原因だからです。
ここで、私がお話ししたいのは、ハリウッド映画や韓流ドラマの世界の「愛」ではなく、人と人が支え合い、慈しみ合い、解り合う、広く深い愛情についてです。私達人間の細胞はそれを知っているはずなのに、過度な情報や邪魔が入って、私達の心は曇ってしまったのかもしれません。
何だか宗教臭いですかねあせあせ(飛び散る汗)決して宗教ではありませんのでご安心をあせあせ(飛び散る汗)
心のメカニズムを心理学や哲学の観点から、出来るだけ論理的に解明していく試みです。今後もどうかお付き合い下さいねかわいい
・・オキノ・・
posted by ルーエ at 22:19| LOVE

2012年05月07日

ブログ再開します

本当に久しぶりのブログになってしまいました。
昨年の大震災以来大きく変化した世の中のニーズ、皆様の心身のニーズの変化に応えるべく、当院のセラピーは日々進化し続けてきました。震災によって方向性が変化したという訳ではありません。それは、人々の心の救済という道程を何倍ものスピードで進まなければならなくなった、非常に急を要する状況になった、という事です。
私自身も日々クライアントの皆様と向き合いながら必死の日々でした。
そこで浮き彫りになってきた問題には様々な側面がありますが、人間にとっての最大のテーマ「愛」は、依然として最大の難題です。
このブログでは今後も「愛」の問題について皆様と共に考えていきたいと思っていますかわいい

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 14:19| NEWS

2011年09月27日

その他の講座

当院の講座で学んでみたいとお考えの方によくご相談を受けるのが、「何から学んだらいいか?」という事です。
もし、「気」の世界にご興味を持っていてご自身の生活に役立てたいとお考えなら、まずは「FBP気の診断講座」が基礎になると思います。「気」世界の基本と「気の診断」でこんな事が可能なのか〜!という驚きと発見があるはずです。セルフケアはもちろん、ご家族やお友達のケアも出来るようになります。
それから、アロマセラピーにご興味があれば、「アロマオイル完全調合法講座」がオススメです。これは従来のアロマセラピーメソッドとは全く異なったオリジナルの「気の調合法」です。ご自身のニーズにぴったりと合った世界にひとつだけの調合アロマを作れるようになります。
それから、日常的な「言葉」を「癒しの言霊」へと変身させる「言霊セラピー」。これは、紙とペンさえあればいつでもどこでも出来てしまう魔法のような技です。

今ご紹介した3つの講座は「気」の世界の入門編としてどれもおススメです。

そして、本格的な技術を身に付けたい方は「オイル経絡マッサージ」と「気功指圧」の講座をおススメします。効果的に身体に「気」を流すためのハイ・クオリティーな技術を徹底的にご指導致します。

そして、一番ご理解頂きたいのは、どの技法も決して「特殊能力ではない」という事です。スポーツやダンスと一緒と思って下さい。学び練習さえすればどなたでも出来るようになります。本当ですかわいい

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
詳細はコチラから。
http://www.shinshin-therapy.com/koza.html
posted by ルーエ at 14:55| お知らせ

10月の講座

秋らしい気候になってきましたね。
季節の変わり目は体調にも気を付けたいですね。

さて、10月の講座スケジュールです。
・FBP講座初級クラス 10/9 13時〜18時
・FBP講座中級クラス 10/2 13時〜18時
・FBP講座上級クラス 10/23 13時〜18時
・心に響く写真講座   10/30 13時〜18時
 

*まことに勝手ながら今月の言霊セラピー講座は休講です。
次回は11/20です。

講座内容の詳しいご案内はコチラをご覧下さい。
http://www.shinshin-therapy.com/koza.html

お申込みお問い合わせは
abp-info@ac.auone-net.jp

・・・オキノ・・・
posted by ルーエ at 14:08| お知らせ