2012年07月30日

愛のイメージ

このブログでは常に人間関係について考察しています。
私達の人間関係は主に3種類しかありません。

@ 支配隷属関係(これを個我的関係と呼びます)
一方は支配的、攻撃的な人格となり、一方は隷属的、自虐的人格となります。

A べったりとくっつき、ひとつになろうとするような関係(これを融即的関係と呼びます)
お互いに同一化して何でも同じになろうとする。そうなる事を理想とする。

B @でもAでもない関係。(これを関係性自我に基づく愛情関係と呼びます)
これをイメージするのはかなり難しいのですが、今後はこの人間関係を築くためにどうすればいいのかを考察していきたいと思います。

@が健全でない事は誰でもわかりますよね。
問題はAの融即的関係です。愛情が深まれば、大抵の場合相手と融即したくなります。
母親が子供を自分の分身と思うように、愛し合う恋人同士がひとつになりたいと思うように、他者と融即する事は一見愛の喜びのように見えます。しかし、この関係には大きな落とし穴があるのです。

私達は一人一人個人としての「膜」を持っています。他者と融即的に愛し合うためにはこの「膜」を壊す必要があります。愛の欲求が高まれば高まるほどこの「膜」が壊れる可能性も高まるという事です。しかし、この「膜」は私達個人をあらゆる「邪気」から守るための大切なディフェンス機能を担っています。
それは、誰かと愛し合えば愛し合うほど病気になったり苦悩が増えたりする可能性がある、という・・とんでもない矛盾が生じるという事を意味します。何ともショッキングな理論ですよね。
そんなバカな・・と思うかもしれません。
でも少しだけ立ち止まって今までの愛のイメージを省みてみませんか?
大切な「膜」を壊さず、愛し合う方法がきっとあるはずです。いいえ、あるんです・・!

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 16:44| LOVE