2012年06月20日

自分探し

本当の自分って何なのか考えた事ありますよね。で、見つかりましたか?
自分探しをするという話しはよく聞きますが、それで自分が見つかったという話しを私は聞いた事がありません(~_~;)
本当の自分って一体どこにいるんでしょうね??

もしかしたら・・「本当の自分」自体が幻想なのではないでしょうか?
何処かに確固たる本当の自分がいる訳ではないのでは?では・・何処にも本当の自分がいないとしたら・・私達は何処を目指せばいいのでしょうか?
私達は常に他者と関わりながら生きています。外界と断絶した状態では生きていかれません。
例え、引きこもっていても他者と関わりたいという欲求が絶えることはありません。
逆に、他者と関わり解り合いたいからこそ引きこもったり、悩んだり、病気になったりします。
私達は他者と関わり、外界と関わり、悩みながら成長するしかありません。山に篭って瞑想しても「本当の自分」には出会えないのです。(瞑想が悪い訳ではありません!内観することは大切です)

確固たる自分も確固たる他者もいません。
常に関係性の中で変化する流動的な自己と流動的な他者しかいないのです。その一瞬一瞬の自己が常に本当の自分と言えるのかもしれません。

そしてまた「本当の自分」幻想が邪魔をして、人と関わるのが怖くなっている傾向はないでしょうか?
本当の自分なんて分かりもしないのに、人と深く関わったり、影響を受けたりすると、まるで自分が侵食されて自己がなくなってしまうように思います。本当は、他者と深く関わる事でしか自己を明らかにする方法はないのです。「関係性の中で本当の自分は日々更新される」こう考えてみてはどうでしょうか?

ほんのちょっと発想を変えて、家族と、恋人と、友人と、同僚と、上司と、接してみると、きっと相手にも、自分にも、新たな発見があるはずです。

・・オキノ・・

posted by ルーエ at 13:50| 心理・哲学