2011年03月26日

放射能対策レシピ改訂版!

前回、放射能対策のアロマレシピを作りました。この中で、タイムレモンが手に入りにくいという意見がありました。そこで、タイムレモンの代わりに、ベルガモットとラベンダーを使うことにしました。そのために、前のものよりも、香りもよくなっていると思います

これで、放射能が消えるわけではありません。このレシピは、ドーパミンやβエンドルフィンやセロトン、成長ホルモン、アドレナリンなどのホルモンバランスを整えることにより、各個体の放射能に対する耐性を高めるものです。放射能以外の毒素に対しても、耐性が高まるはずです。



1、 ティートリー 10滴

2、 クラリセージ 8滴

3、 スペアミント 18滴

4、 ベンゾイン 10滴

5、 ジュニパー 8滴

6、 ニアウリ 6滴

7、 ベルガモット 30滴

8、 ラベンダー 20滴



これをお部屋に焚いたり、マスクに数滴垂らして吸引して下さい。
薄める場合には、アーモンドオイルか、植物性のアルコールです。
マッサージ用に希釈する場合はアーモンドオイルでなくても、大丈夫です。ご自宅にあるオリーブオイルでも可能です。

もちろん、エビデンスはありません。しかし、ハイ・プロバビリティ(高い蓋然性)はあります。
このレシピが一人でも多くの方に伝われば嬉しいです。今こそ、アロマテラピーの力が発揮されて、そして、少しでも皆さんの不安が解消されますように、心から願っています。
・・オキノ・・

posted by ルーエ at 12:40| NEWS