2010年04月05日

闇のない世界

自分が欲する成功を出来るだけ具体的にイメージし文章にする、というのは成功哲学のオーソドックスな手法です。
その基本は、うつむいて嘆くよりも、顔を上げて光の方を見ましょうというような内容です。
そこでは光はGOODで影はBAD、ポジティブはGOODでネガティブはBAD、明るいはGOODで暗いはBAD、きれいはGOODで醜いはBAD、という確固たる価値基準があります。

しかし、そこにポジティブシンキングの弊害はないのでしょうか?

世の中は「影ばかり見ていないで光に顔を向けましょう」といった自己啓発系アドバイスが有効な人ばかりではありません。わかっていてもそれが出来ないという人もたくさんいます。その場合、それが出来ない事でかえって自分を責め、追い込んでしまう事もあり得ます。

そしてまた、「自分の欲する成功とは何か?」と自身に問いかけた時、心の奥底の闇に出くわす可能性もあります。成功哲学において心の闇の存在は殆ど無視されていますが、その時に一人でそれと対峙するのはとても過酷な事です。

子供の頃、闇って怖かったですよね。暗いところにはお化けがいて、足を引っ張られたり、追い掛けられたりするのではないかと思って、夜トイレに行かれなかった経験は誰にでもあると思います。
でも最近、闇ってないですよね。コンビニは24時間営業、街は夜通し明るくていつでも人が行きかっています。山奥にでも行かない限り外はもちろん、家の中にも暗闇はありません。
かつて夜は暗いものでした。そこら中が闇だらけで、特に戦後は人々の心の闇までも剥き出しだったことでしょう。暗闇、ネガティブ、それは「死」と直結し、人間にとって恐怖そのものです。人々は光を求めて一生懸命働き、文明はどんどん発展しました。そして今日、「夜の闇」は消失しました。
ところが、闇を追いやれば追いやるほど、ポジティブになろうとすればするほど、闇への恐怖がつのります。人々は闇から逃れるために、死にもの狂いで走り続けなければならなくなりました。
そして明るく前向きに夢に向かって突き進む、それが理想的な人間の生き方という前提で、そのために影を無視し闇を排除する・・・果たしてそれでみんなが幸せなのでしょうか?

「ゲゲゲの鬼太郎」の著者、水木しげる氏は闇の中で生まれる恐怖とイマジネーションの中で妖怪を描き続けたそうです。嫉妬や怨念が剥き出しの妖怪は、人間の心の闇を映し出す鏡です。水木氏は闇から目を背けるのではなく、闇を凝視する事でその中に希望を見出したのです。

私達にとって一番怖いのは「何だかわからない物」「得体の知れない物」です。逃げれば逃げるほど、目を背ければ背けるほど恐怖は増大します。

当院の院長、本宮先生は人間の心の闇を徹底的に分析した治療家です。「邪気」をこれだけ分析、解明した人は歴史的にもそういないのではないかと思います。
もし、あなたが心の奥底の得体の知れない恐ろしいモヤモヤを解放したいと願うなら、闇を徹底的に分析し、的確にガイドしてくれるセラピストを選ぶべきです。

ただ、フラワーフォトセラピーを用いれば、浮き上がってくる心の奥底の闇は無自覚で消えていく事が殆どです。あっけないくらいです。それは一枚一枚の美しいはお花の写真に人の心の闇を事細かに分析したメソッドが凝縮され反映されているからです。
ですからその美しい波動は複雑で繊細な心の襞にピタリと寄り添い癒してくれるのです。

御病気のご相談はもちろんですが、人生の目的を見つけたい方、よりステップアップしたい方、恋愛成就したい方、フラワーフォトセラピーでまずは心のお掃除をしませんか?

フラワーフォトセラピーについての詳細は
http://www.shinshin-therapy.com/flower.html

お気軽にお問い合わせ下さい。

・・オキノ・・
posted by ルーエ at 21:19| 心理・哲学