2014年10月28日

エボラウィルス対応レシピ

エボラ出血熱の感染が問題です。
そこで、そのウィルスに対する抵抗力を高めるための、ドライハーブとエッセンシャルオイルのレシピを作りました。
これは、気の診断法によるシミュレーションから構成されたものです。
したがって、エビデンスも実績も、まだ、ありません。
しかしながら、気の診断法によるシミュレーションでは、十分な効果があるという結果が出ています。
予防のためにも、試してみて、損はないと思います。
このレシピよりも、より効果的なものが見つかった人はお知らせ下さい。
また、ダウジングやオーリングテスト、波動測定器などで、ふだん診断を行っている方は、ぜひシミュレーションをしてみてください。
結果をお知らせしていただけると、幸いです。

また、産地や品質により、ばらつきがあると思います。しかし、大体は、以下のブレンド比率が一つの目安になると思います。

なお、ガーナ人とナイジェリアの人に、話を聞いたところ、
「これは、人工的なものだ。誰でも知っている。証明できないだけだ。」という答えが返ってきました。
おそらく、エボラだけでなく、エイズやサーズなども、その可能性があります。

エボラ出血熱のためのドライハーブ・レシピ

・マシュマロルート 40g
・ネトル      15g
・スペアミント   15g
・ユーカリ     10g
・エキナセア    5g
・ヤローフラワー  7g
・リンデン     12g
・セイジ      20g
・ラズベリーリーフ 20g
・レモンバーベナ  40g
・ペパーミント   25g
・バジル      20g


より効果的な方法としては、上記のものをすべてミキサーにかけて、粉末にします。
そして、それを熱湯にいれて、しばらく置きます。目安としては、500CCで、茶さじ2・3杯です。
それを、布かコーヒーフィルターで濾して、お茶として飲みます。お茶パックが手に入れば、より簡単です。
濾さずに、そのまま粉末ごと飲んでもかまいません。飲めない場合は、入浴剤として用いてもOKです。

エボラ出血熱のためのエッセンシャルオイル・レシピ
・ニアウリ        31滴
・ユーカリレモン    12滴
・タンジェリン      17滴
・ペパーミント     11滴
・ゼラニウム     9滴
・ジュニパー    22滴
・パチュリー    6滴
・ローズマリー    13滴
・グレープフルーツ  2滴
・ベルガモット    13滴
・クラリセージ    21滴
・ティートリー    1滴
・ラベンダー    7滴
・レモン       7滴
・ユーカリトータム  16滴
・ライム    7滴
・ユーカリ    35滴

上記のものを、アルコールかあるいはキャリアオイルで5・6倍に薄めて用います。
ティッシュに数滴含ませて、それをマスクの中に入れて、吸引するの方法が簡単です。
また、100倍ぐらいにオイルで薄めて、マッサージオイルとしてもOKです。
また、加湿器やアロマポットを用いてももちろんOKです。
posted by ルーエ at 11:17| NEWS